Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
初心者がエレキギターをフリマアプリやオークションで出品する際の注意点 | 楽器売るなら楽器売る男
Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2427

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

楽器買取お役立ち情報まとめサイト

楽器売るなら楽器売る男


Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 2427

お役立ち情報まとめ

初心者がエレキギターをフリマアプリやオークションで出品する際の注意点

投稿日:

エレキギター、趣味として始める方お子さんが習い事で。なんてことで家にあるけれどどうにも使わなくなってしまったから売りたい。そんな方も多いのではないでしょうか。昨今、メルカリ、ラクマなど気軽に販売できるフリマアプリの登場、ヤフオクなどのオークションでも気楽にはんばいできるようになりました。エレキギターの売却にこういったサービスの利用を検討しているな方もいるのではないでしょうか。

ですが、エレキギターは実はかなり細かな情報がないと購入するかどうかの判断が決めづらい楽器なのです。よくわからない方にとっては思わぬところがトラブルの火種になる場合もあります。以下では、エレキギターをフリマアプリやオークションで出品売却する際に注意するべき点を解説していきます。

要点を押さえ、快適にフリマアプリやオークションででエレキギターを売却できるようになりましょう。

※全く知識のない初心者の方向けの記事です。すでになんどか出品した経験のある方向けの記事ではございません。ご了承ください。また、今回はあくまでフリマアプリ、オークションサービス全般について記載しています。細かな各サービスについては以下のページにて解説しています

注意点1 ネックはここに注意

エレキギターをフリマアプリやオークション販売するうえで、かなめとなるのがネックと電気系統の状態です。

エレキギターにあまり触れたことのない方にはわかりづらいかもしれませんが、演奏のしやすさに大きな違いが出る部分です。場合によっては、演奏不能、修理もできない可能性もあり、現物を見て状態を確かめられないフリマアプリやオークションでの取引では特に注意が必要です。場合によっては、トラブルに発展することになるかもしれません。

まずはネックの注意点を見ていきます。

エレキギターに限らず、ギター科の楽器にとって、ネックは演奏のかなめといえるものです。シビアに状態を見る人もいるので、しっかりと気を付けるべき点を知っておきましょう。

ネックの注意点1 反りに注意しろ

まず大事なのが、反りを確認することです。

エレキギターのネックは木材でできています。そのため、湿度や貼られている弦の張力の強さによって、主に順ぞり、逆ぞり、と呼ばれる方向にそってしまいます。

順ぞりはその名のとおり、弦の張力に沿って、まっすぐそることを指します。簡単に言えばネックは弓なりにそり、弦からネックまでの距離が開き、弦を押さえるときに力が必要になり、より抑えづらくなってしまいます。主にネックの剛性(強さ)にたいして、弦の張力が強い時や、乾燥している際に起こりやすい傾向にあります

逆ぞりは順ぞりとは逆にネックが弦の張力とは反対側にそります。弓を逆にしてみるとわかりやすいかもしれませんね。

こちらは順ぞりとは逆に弦の張力にたいしてネックの剛性が強かったが場合や湿度が高かった際に起こりやすい傾向にあります。こちらは、順ぞりの場合と逆に、弦からネックまでの距離は近くなる一方、近すぎてしまいうまく音が出ない不具合につながる可能性があります。

こちらの順ぞり逆ぞりに関しては簡易的に状態を調べる方法があります。お持ちのエレキギターのネックの最終フレット(鉄の棒のようなもので区切られた最後の箇所)を押さえていただき、同様に1フレット目も抑えましょう。その時にちょうど真ん中あたりにある12フレットの様子を見ます。この時に、はがき1枚程度が入るくらいの間が空いていれば適正なネックです。これが開きすぎていた場合には順ぞり、くっつきすぎていた場合には逆ぞりになっていると判断できます。これら順ぞり、逆ぞりは後述するトラスロッドの状態によってはご自身で調整もできます。

それ以外にも細かな不具合が見られる場合もあります。エレキギターに限らずギター科の楽器では、弦が6本貼ってあることが一般的です。基本的には6弦が最も太く1弦が最も細く、それに応じて張力もことなります。エレキギターによってはこの6弦と1弦側の張力が異なる影響で、反り方も異なっている”捻じれ”と呼ばれる状態にネックが鳴ってしまっているエレキギターもあります。ギターの年代によっては、長年弦の張力にさらされ続けたことによって、根元から立ち上がるようにしてネックが反ってしまう、ハイ起き、と呼ばれる状態のものもあるのです。

ネックの捻じれやハイ起きは基本的には、エレキギターのリペア知識のない方では修理できないと思ってもらったほうが良いでしょう。見落として、フリマアプリにしそのまま出品してしまった場合は購入者様によってはトラブルになる可能性もあります。注意してください。

ネックの注意点2 トラスロッドの残りはあるか

エレキギターのネックを調整するためにネックに仕込まれているのがトラスロッドと呼ばれる鉄の棒です。こちらをよりまっすぐに調整したり、たわめたりすることで、ネックのそりを簡易的にではありますが、調整することができます。

調整に必要なのが六角レンチです。アメリカ製のギターの場合はインチ規格のものもありますが、基本的には日本のホームセンターで売っている6個入りのものを使用すれば大きな問題はないでしょう。

トラスロッドが調整できる場所はメーカーによってことなります。ギブソンタイプのエレキギターでは、基本的にヘッド部分に用意されています。フェンダータイプのエレキギターも新しいタイプの物であればヘッドにロッド調整用の穴が設けられていますが、50年代や60年代を意識したヴィンテージ仕様のものの場合はネックを外さなければ調整ができません(この場合、ギターの調整に詳しくない方の場合は、無理にご自身で外すのはやめたほうが無難です。リペアショップなどでは3000円から5000円程度で調整してくれるところがあるので、そこにお願いしましょう)。

また、メーカーによってはネックエンド部分にロッド調整用の機構が設けられているタイプのものも存在します。

調整方法は簡単です。レンチをロッドに差し込み(ロッドのタイプによってはソケットレンチを使うものもあります)時計回りに回すとロッドがしまり、順ぞりに対応します。反時計回りに回すとロッドが緩み逆ぞりに対応できます。

この際ロッド注意するべきはネックの状態だけでなはありません。ロッドの残り幅がどれくらいあるかを調べることも大切です。なぜかというと例えばネックが順ぞりしているのに、ロッドが時計回りに回らない、調整幅残っていない場合は、そのエレキギターのネックのそりはロッドで調整することができないことを意味します。この場合、ネックに熱をかけて調整する、場合によっては指板を削って調整するなど特殊な工程が必要になり、高額なリペア費用が必要になる可能性があるからです。

その分エレキギターの販売代金は下がります。それだけならいいのですが、見落として「問題なし」などと言って販売してしまえば、購入者からのクレームは避けられません。ひどい場合には民事訴訟などに発展するトラブルにつながる恐れもあるので、注意してください。

ネックの注意点3 フレットの状態を確かめよう

そしてもう一つエレキギターのネックの状態を知っておくべき点で押さえておかなければいけないのが、フレットの状態です。

ネックに組み込まれている、鉄の棒状のパーツをフレットと呼びます。エレキギターに限らずギター科の楽器はネックの左から右(右利きの場合)に行くにしたがって、音程が高くなるようになっています。フレットは指版上での音程の位置を分かりやすくするもので、半音ずつネックの音階が上がるのに合わせて設置されています。この間をしっかり押さえることで、正しい音程を出せるようになっているのです。

このフレットはタイプにもよりますが、エレキギターの弦とこすれることによって徐々に摩耗していきます。それぞれ使用者の演奏には癖があり、そのタイプによって、例えば1フレット側が減りやすい、12フレット側が減りやすいなどのように特徴が表れるのです。そうなると、かくフレットの高さが異なる状態になります。フレットの減り具合によっては音が上手く出ず、バズと呼ばれるようなビリビリとして金属音がでてしまう、場合によっては音がでなくなってしまう可能性があります。

こちらに関しては確認は簡単です。各フレットを押さえて音を鳴らしていきましょう。音詰まりがあれば、その部分を記載することも大事です。リペアにの場合は、負フレットを削って高さを調整するフレットすり合わせ、フレット交換するリフレットがあります。状態に応じて異なりますが、リフレットの場合は2万から4万円程度が最低でも必要なので、現状を加味してそのまま販売するか、リペアをお願いするか考えてみるとよいでしょう。

さて、次に電気系統の状態を見てみましょう。

その他細かな点では、ペグ(弦を巻く部分の硬さゆるさなど)の状態も確認しておけるとよいでしょう。

ネックの注意点 補足 弦はできるなら張ったほうが良い

また、エレキギターをフリマアプリやオークションに出品する際には弦がちゃんと貼られているかどうかもたいせつなポイント。

「実家の押し入れから出てきました現物」(弦が切れている)という場合と「実家の押し入れから出てきました細かい点は分かっていませんが~~」(しっかり弦が張ってある)この両者ではどちらを購入したくなるか、どちらにより、金額を支払いたくなるかを考えてみてください。(もちろん、特殊な機構のギターで全く知識のない方では、弦の交換が困難という場合は除きます)

エレキギターの弦は、代替一袋(6本入りで)600円程度で販売しております。当サイトでも弦交換解説記事(リンクを貼る)を記載していますし、現在はYoutubeなどでも簡単に調べられるので、少し手間を避けるという方は、調べみてください。

電気系統はここに注意 わからない場合はしっかりわからないと書きましょう

エレキギターは本体の状態も大事ですが、肝心の音をアンプで増幅するための部分、電気系統の状態も使用の上では大切になってきます。ですが、フリマアプリでエレキギターを販売したい、けれどうちにアンプがない、という場合もあるでしょう。その場合には少し価格は安く設定しなければいけませんが、正直にアンプが使えないので、電気系統の状態は不明瞭とシッカリ記載することも大切です。

電気系統のここに注意1 ボリュームノブやトーンノブからガリは出ていないか

アンプが用意できるご家庭ならまずは音がしっかり出るか確かめてみましょう。弦など貼れていない場合はアンプにつないだ後ピックアップにドライバーなど鉄製品をくっつけてみてください。少なくともピックアップの配線に問題がなければ、「ボツ、ボツ」というピックアップに鉄製品が触れた際の音が増幅された音がアンプから聞こえるはずです。

次に、ボリュームノブやトーンノブ(volume tone)の記載がある、ノブを回してみましょう。それぞれ音量を調整、音色を調整するものですが、ここでは回しても問題がないかだけをまずは確認してみてください。

スムーズに何の雑音もせず回っていればOKです。回している時に「バリ、ガリ」と音がした場合に気をつけましょう。これは接点に汚れがたまっていたり、接触が悪かったりしたときに生じるノイズで、楽器をたしなんでいる人からはガリ音などと呼ばれることもあるものです。

小さな音であればそれほど問題ない、と思うかもしれませんが、エレキギターが本領を発揮するのは100Wなど大音量のアンプに接続したとき。少しのガリでも聞く方にはとてつもない負担を強いますし、常にボリュームノブやトーンノブを調整しながら演奏する方の場合は常時ノイズが出てしまいとても演奏どころではなくなってしまいます。症状の出ているギターをフリマアプリやオークションに出品する場合には症状がある旨をしっかりと記載しましょう。

ちなみにこうしたガリは軽度のものであれば、接点復活剤とよばれる(ギターベースようのものを使いましょう)洗浄剤を使うことで、調整ができる場合があります。だいたい2000円弱のものが多いです。自分で少し調整をしてみよう、と思う場合はこちらを利用してみるのもありでしょう。

電気系統の注意点2 ボリュームノブやトーンノブはしっかり機能しているか

ボリュームノブやトーンノブにガリがあるかどうかを確認したら次は両者が正しく機能しているか確認してみてください。

ボリュームノブは文字通り音量を調節するノブです。モノによって記載は異なる場合もありますが、10がマックス0が消音という場合が一般的です。回してみて、滑らかに音の大小が調整できるか確認してみましょう。

何を、そんな簡単なことをと思うかもしれませんが、意外と、0にしても音が消えない。ほとんど音が変わらず一定以上下げるといきなり音が小さくなる、といった不具合を持っているエレキギターも意外とあるのです。

次にトーンノブを確認してみましょう。トーンノブは簡単にいうと、マックスに近いほど高音が立ち、明瞭な音になり0に近づけるほど、もこもことした音になっていく、という形で音色を調整する機能を果たします。こちらも同様にしっかりと音が変わってくか、突然音色が変わるようなことがないか、全く効かないことがないかを確認してみましょう。

こちらは、ポッドと呼ばれる抵抗値を変える(ボリュームノブトーンノブが付いているパーツ、抵抗値を変えることで音量や音色を調整する)箇所の不具合によるものが多く、こちらも調整をする場合はポッドを新たにこうにゅうし、付け替えるなどリペアが必要です。

電気系統の注意点3 初心者は内部をいじらないほうが良い

ここまで説明しておいて、なのですが、全くエレキギターをいじったことのない初心者の方は、接点復活剤のように上から吹く程度で調整できるもの以外はへたにいじらないほうがきちです。なぜかというと、多くの場合エレキギターの配線ははんだ付けでくっつけられているからです。しっかりとしているものもありますが、メーカーや生産国など、あるいは前の持ち主の方が適当に改造をした場合など、はんだがしっかりくっついていないケースがあります。そうした場合に、初心者の方が例えば力任せで内部をいじろう、見ようとしてしますと、外れてしまう可能性があるのです。それだけで音が上手く出なくなってしまう可能性があります。

リペアショップにもっていって、治してもらってから出品するのであれば問題ありませんが、予算的に厳しい、すぐにでも売りたい、という場合は特にいじらず、不調を明記したうえでフリマアプリやオークションに出品するのも一つの手ですよ。

電気系統の注意点4 不調でもパーツは買えないほうが良い場合がある

かなり限られたケースではありますが、エレキギターの電気系統のパーツが不調でも変えないほうが良い場合があります。

楽器が限定品であったり、ビンテージ品であったりする場合です。

限定品であれば、そのモデル特有のパーツが付いていることもありますし、ビンテージ品の場合はもう生産がされておらず、二度と手に入らない場合もあります。状態によりけりではありますが、こうした商品を購入する一部のコレクターの方の中には楽器として状態よりも、オリジナル度合いに価値を見出す方もおり、ビンテージ品などは、演奏しやすく各種リペア交換されているものよりも、演奏はしづらいがオリジナルのパーツはほとんど残っているようなエレキギターの方が高額になりやすいケースがあります。ご自身で使用するのであれば、パーツ交換は選択肢としてありですが、あくまでもフリマアプリやオークションに出品する目的であるならば、買えないほうが良い場合もあることは頭に置いておきましょう。

 

ボディの注意点 オークションやフリマアプリで購入する人は意外と傷は気にしない

ボディに関してはフリマアプリやオークションで出品する際にはそこまで注意する必要はない、と考えています。あくまで個人的な考えだという前置きは必要ですが、オークションやフリマアプリで購入される方は、ボディの傷などにはあまり頓着しない方が多い傾向にあります。なぜかというと、中古品ですし、現物を見ることはできないからです。

もちろん、明らかに大きな傷(そういう仕様のギターでもないのにネックやボディの塗装がはがれている、余分なねじ穴がボディに空いている、若干割れている)があある場合はしっかりと記載するべきです。ただし、あれもこれもと血眼になって傷を調べる必要はそこまでないでしょう。

値段の付け方

さて、次はフリマアプリやオークションでエレキギターを販売したい方が最も気にしている値段の付け方についてみていきましょう。

インターネットで代替どのくらいでお持ちのギターが販売できるのかはざっくりと調べられます。

大手楽器販売サイトデジマートやJ-guitarでお持ちの機種やヘッドのロゴを検索してみるなどして、楽器の特徴を調べてみましょう。

大まかな値段がわかるかと思います。

(細かなシリアル番号などの調べ方は当サイトこちらのページで記載しているので確認してみてください(URL))

値付けは楽器店の9割程度が現実的

ただし、そのまま同じ値段を付ければいいわけではありません。フリマアプリやオークションでの販売の場合、基本的に保証を付けることはできません(個人で返品保証も可みたいなことはできますが3か月修理保証などはできない)。また、証明書が容易できれば別ですが、基本的にリペアしたかどうかの判断も文章に記載された内容を元にしか判断はできません。

細かな情報に関しても楽器店で現物を把握できるのと違い、フリマアプリやネットオークションでは、出品者の誠実さに期待をするほかありません。

例えばあなたが楽器販売だけで数千件評価をもらっており、ほとんどが良いね、だったり、そもそもリペアの知識も豊富にある、副業レベルでやっている、などのバックグラウンドがあれば、下手な楽器店よりも高く値段をつけても売れる、かもしれません。

ですが、基本的にはそうではありませんよね。

楽器店と同じ程度の値段をつけると、多くの場合購入者にとっては、割高に取られるでしょう。

大体の目安としては楽器店の8割から9割くらいの値段をつける例えば4万円で売られているものであれば、3万6000円から3万2000円程度の値段をつけると、購入しやすいといえます。(もちろん、新品同前そこそこ状態もいい、売れるまでに1月2月かかってもOKという場合であれば、楽器店と同じ値段で出品しても良いでしょう)

オークションであれば送料の有無にはそこまで売れやすさに関わりませんが、フリマアプリの場合は送料込みにしておいたほうが、売れやすい傾向にあります。その場合は送料込みにして、その分を楽器のばあいであれば、1500円前後を加味した値段をつけることも一つの戦略です。

状態が悪い、判断がつかないという場合は、もう少し値段を下げるとよいでしょう。

フリマアプリの場合は基本的に値引きに応じないほうが良い

また、フリマアプリの場合は値下げ要求をしてくる方もいるかもしれませんが、これはあくまでも私個人の考えですが、現実的な範囲(送料込み手渡しでお願いしたいので送料分は安くしてくれないか)であったり出品者に落ち度がある(記載し忘れた、気が付いていない致命的な不具合を指摘された時など)

そんな場合は考えたうえで値引きに応じてもいいでしょう。基本的にはあまり応じる必要はないと考えます。

フリマアプリの場合、半額にしろ、過去にこの値段で出ていた(ジャンク品についていた値段)からまけろ、といった現実的なものでない場合も多く、またマナーが悪い人が多い印象です。過去に「すぐに購入したいので、いくらまで安くしてもらえないか」一見すると丁寧な対応の方に応じて、値段を下げたところ、やっぱりやめた、と取引そのものをキャンセルされてしまった場合もありました。お金に困っている、相続のために早く現金化しなければいけないという場合は別かもしれませんが。

梱包の方法

エレキギターアコースティックギターなどに比べると丈夫な楽器ではありますが、それでも梱包に注意が必要です。場合によっては出品者側の梱包に不手際があり、楽器が破損、返品されたのち、壊れた楽器が手元に戻ってきた、なんてことになるかもしれません。

まず梱包そのものに移る前にやっておくべき準備があります。一部のギターは弦を緩めるようにしましょう。いわゆるギブソン系のねじで止めないタイプのネックをもったギターの場合、運送時にネックにかかった負担で、反りがでてしまったり、場合によってはヘッド部分が折れてしまうなどトラブルに発展する場合があります。

また、外れてしまう可能性がある子物パーツ類は外して別途袋に入れるなどしましょう。そのままにしておくと、配送時ケースの中で動き周り、ボディに傷をつけてしまう可能性があります。

さて、梱包時のコツですが、まず必ず緩衝材で負荷が集中しそうな箇所は守りましょう。特に重要なのが、ヘッド、ヘッドとネックの付け根、ネックとボディのつけね、そこにあたるボディ下部、そしてボディ前部です。

ヘッド、ヘッドとネックの接合部、ネックとボディの接合部はエレキギターのタイプによっては折れる可能性があるためしっかりと緩衝材を巻きましょう。

ボディ前部は上に置かれた荷物の重さからギターを守るために重要です。下積み厳禁といったシールを張ることはできますが、実際にどのような置かれ方をするかはまったくわからないからです。

そしてケースにいれましょう。ソフトケースの場合は、さらに上から緩衝材をまき、その上から段ボールを被せてください。箱に入っているかどうかで、配送をお願いする企業によっては配送そのものを断られる場合があるので、注意してください。

ハードケースの場合は、そのままでも問題ない場合もありますが、持ち手の部分や傷がつきそうな底部などに緩衝材を巻いてあげると、丁寧に思われますよ。

トラブルを避けるために必要な点

フリマアプリやオークションなどのように個人で販売を行うと、トラブル対応も個人で行わなければいけません。

出品者側の不手際で、記載されていない、大きな傷、不具合があった、梱包が不十分で破損してしまった、などの場合には誠実に対応する必要があります。

それ以外には基本的にはその時々でまちまち、法律的な問題にも発展する可能性があるため、対応は別途考えるべきでしょう。

ただ、トラブルを避けるために抑えておくべき点はあります。

わからない点は分からないと書く

つい、パッと見て、問題ない、と書いてしまうかもしれませんが、エレキギターのような楽器はちょっとした不具合で音が出なかったりするなどまともな演奏ができなくなってしまう可能性があります。それを記載せずに、問題ないとしてフリマアプリやオークションサイトで出品売却されてしまえば、当然トラブルになる場合が多いです。

ただ、家にある機材や知識ではどうしてもわからないことがあるのも事実でしょう。その際は繰り返しになりますが、しっかりとわからないならわからないことを明記して、その分可能であればいくらか低めに値段設定をしておくことがトラブルを避けるためには寛容です。

フリマアプリ、オークション外での取引には応じない

これも大事な視点です。受け渡しもそうですが(場合によりますが)、お金のやりとりも含めて取引はフリマアプリやオークションのサービス内で完結させるようにしましょう。

これは私自身経験したケースですが、ギターの販売のやりとりをしたときに、手渡しとなった際、説明と齟齬がなかったはずなのに写真と違うと難癖をつけられ、値引きを迫られるという事態がありました。この時は出品者の都合ということで、出品を取りやめ、事なきを得ました、こういったケースは少なくないようです。

トラブルを避けるためには基本的には応じないのが吉でしょう。

めんどくさい、トラブルを避けたいなら、楽器買い取り業者や楽器店に売却するのが吉

ということで、フリマアプリやオークションでエレキギターを販売する方法について私の知見から注意しておくべき点とは何なのかを解説してきました。意外と面倒な手続きが多いのも事実です。ただし、楽器買い取りサービスよりは高く売れるのも事実です。先ほど楽器店の販売価格と同じくらいか9割程度で販売できると説明しましたが、買い取りサービスの場合よほどの人気機種でない限り、高くても販売価格の6割程度が一般的です。お店やギターの状態によっては、1割程度、場合によっては買い取り不可、なんてこともあるのです。

一方で楽器店や楽器買い取りサービスに買い取りをお願いした場合はここまでで説明してきたような手間もかかりませんし、トラブルに合うことも未然に防げます。もちろん、基本的にはその場で現金化することもできます。

両者のメリットデメリットを加味してエレキギターを売却する場所を選ぶのが、すこしでもお得にエレキギターを売るカギなのです。

 

 

楽器買取サービスおすすめランキング

ここでは、当サイトがおすすめする、楽器買取サービスをランキング形式でご紹介します。楽器を売る際の参考にどうぞ、

各種サービスにはそれぞれ細かい紹介ページもついておりますので、気になったら、クリックしてみてください。

中古楽器堂

ギターやベース、金管楽器などの人気の楽器から、ヴァイオリンなどの弦楽器、DJ機器などほぼすべての楽器の買取に対応している、当サイト一押しのサービスです。

店頭買取、ネットでの宅配買取、電話での出張買取と、すべての方法に対応しています。また、関東、関西、中部、九州、全国30箇所以上の視点を持っていて、ほぼすべての地域で出張買取に対応している稀有な店舗です。

梱包キットを用意してもらえるので宅配買取でも、面倒なことをしなくて済みます。梱包の手順も教えてもらえるので、初めての人でも安心です。もちろん発送料は無料です

また、専門のスタッフによる査定、買取がなされているため、適切な買取価格での買取を実現しています。

ブラッドミュージック

実店舗も運営し、楽器の販売もしています。

先ほどの中古楽器堂と比べると、管楽器などの買取対応はしていない、また実店舗がある兼ね合いで、出張買取の対応も関東圏内と制限があります(相談は可能です)

その一方で、DJ機器、オーディオ機器の買取、販売を長年手掛けていて、販売実績、買取実績ともに一日の長があります。

楽器の買取屋さん

楽器買取を専門に行っています。

金管楽器を初め、ほぼすべての楽器の買取に対応しています。

宅配買取、出張買取、店頭買取にも対応していますが、梱包資材は必要なため、少し手間がかかります

-お役立ち情報まとめ
-, , , ,

Copyright© 楽器売るなら楽器売る男 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.


Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/kobadesu/gakkiuruo.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4366